背中ニキビの治し方

背中ニキビを治す方法

1  お肌の乾燥を防ぎニキビケアをしっかりとして背中ニキビを治す

乾燥によって皮膚の表面が厚くなってしまわないようにするために大切なのは、お肌の保湿!
肌に潤いを与えて、正常な肌の働きを戻し、ターンオーバーを促進することが背中ニキビを治すためには必要です!
そのためには背中ニキビケアの商品がおすすめです。
皮膚が顔よりも厚く、皮脂が詰まりやすい背中には浸透力の強い背中ニキビに効く背中ニキビ専用化粧品を選ぶことが大切です。

 

2 ボディケア、お風呂で気をつけて背中ニキビを治す

・シャンプーやコンディショナー・ボディソープの洗い流しに注意!
自分では、よくすすいだつもりでも、残ってしまうことがおおいものです・・・。
おふろやシャワーではシャンプーをしてから身体を洗うことがおすすめです。
髪の毛が長い場合には、洗った後に髪の毛が背中につかないようにタオルでくるんでしまうのもいいですね。
・背中は、ゴシゴシこすらず、やさしく洗う!
ゴシゴシすることは摩擦になるので、背中ニキビの原因になってしまいます。
そして身体を洗う、タオルやスポンジは、綿素材のものを選ぶようにしましょう。ナイロン製品はNGです!
また、界面活性剤はニキビ肌には大敵!界面活性剤の入っていないボディソープや石鹸をつかうようにしましょう。

 

3 生活習慣を見直して背中ニキビを治す

・睡眠不足は厳禁です!

 

・食生活の見直し!
外食やコンビニ食が多かったり、アルコールの摂取やスナック菓子などはニキビの原因ひとつになっています。
外食やコンビニ食は味付けが濃く、添加物も多いため、内臓に負担がかかってしまうことも。
アルコールや菓子は、糖質や脂肪分が多く、皮脂を作り出す原因となります。
内臓に負担がかかることで、肌のターンオーバーが乱れてしまい、過剰な皮脂分泌が毛穴を詰まらせてニキビの角栓を作ります。
この機会に、毎日の食事の内容を振り返ってみましょう。

 

4 日焼けも実は背中ニキビの原因

日焼けをすると、表面の角質が厚くなり水分がなくなってしまいます。そうすると毛穴が細くなり、皮脂がつまることでニキビが出来てしまいます。
「日焼けでニキビは改善する」「皮が剥けるから、あたらしい肌に生まれ変わる」という話を聞いたことがありますが、これは、紫外線の殺菌作用の効果のことを指しています。ニキビの原因のアクネ菌に日焼けが効果があるのです。
でも!!!紫外線は、肌を老化させてしまいます。
たとえ、一時的にニキビが改善しても、再度背中ニキビが出来てしまう可能性があります。

 

5 寝汗は、背中ニキビにNG!

人間が寝ている間にかく汗の量は、300ccとのことです。
肌に触れるものを吸水性のよいものを選ぶ、汗をかいたらすぐに着替えるようにしましょう。